糖尿病患者数について

糖尿病の患者数ってどのくらいなのでしょうか。
皆さんの身近にも糖尿病をお持ちの方がいるのではないでしょうか。

糖尿病患者さんの人数(2014年)

厚生労働省は2014年の患者調査概要を発表しています。

image

表を見てみると、2014年の糖尿病患者数は316万6000人となっています。

皆さんは多いと感じるでしょうか少ないと感じるでしょうか。

糖尿病患者さんの人数(2011年)

ちなみに前回発表の2011年の調査結果がこちらです。

表を見てみると、2011年の糖尿病患者数は270万人となっています。

3年で約40万人増加していることになります。

世界にはどのくらい糖尿病患者がいるのか?

世界的にはどうでしょうか。

WHOが調査結果を報告しています。

WHO調査結果

これによると、糖尿病有病者数は2014年までに4億2200万人に達しているそうです。

これは1980年と比較し4倍に増加しており、有病率は2倍になっているようです。

国別に見た糖尿病患者数

以下は国別の糖尿病有病率です。

IMG_0560

特に過去10年の有病率の増加は先進国に比べ発展途上国で高いと書かれています。

世界のおよそ15人に1人が患っている疾患です。

まとめ

季節柄などはありますが、普段クラスや職場で風邪をひいている人の割合を考えたら、個人的には糖尿病って大変多いなーという印象をうけました。

引き続き糖尿病の疫学についても勉強していきたいと思います。

*今回の参考資料*

・厚生労働省ホームページ

・WHOホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] T2DMについては、以前記事を書かせてもらいました! […]